東北本線は当初地図の赤いルートで開業した。その時千曳駅は現在の位置にはなく、地図の旧千曳の位置にあった。昭和37年に南部縦貫鉄道が開業した時の起点はここである。国鉄千曳駅の脇に南部縦貫鉄道の短いホームがあった。

 当時国鉄では昭和43年10月1日の東北本線全線電化に向けて各所で路線変更が行われていた。この付近も大平隧道により短絡ルートとなることになり、当時の千曳駅を現在の位置に移転することになった。南部縦貫鉄道でもこれを機に特急の停まる野辺地までの延長を計画し、国鉄旧千曳〜野辺地までの線路の無償貸与を受けて開業することになった。その時旧千曳駅を西千曳と改称した。

 このようないきさつで新旧千曳駅間の線路は使われなくなり廃止となった。昭和43(1968)年8月5日のことである。そして南部縦貫鉄道も廃止された今、この旧線区間は全線廃止となった。