鉄道廃線跡を歩く8によれば、この区間は防災対策及び曲線改良のために付け替えられたものらしい。新線の架道橋は1981(S56)年〜1982(S57)年の竣工なので、切り替えはその後ということになる。


近くの架道橋は1982年1月の竣工のようだ。