この区間は、単線時代倶利伽羅トンネルを頂点として前後最大20‰の急勾配区間であった。複線電化を機に路線変更が行われ、曲線や勾配が緩和されている。そのために廃線が生じた。(地図拡大はここをクリック/参考:鉄道廃線跡を歩くVII、鉄道廃線跡の旅)

1898(M31) 11/ 1 金沢〜高岡 開業、石動駅開業
1909(M42)  6/15 倶利伽羅駅 開業
1955(S30) 11/11 新線単線開業 安楽寺信号場開業(これにより旧線廃止
1962(S37)  8/  1 安楽寺信号場の石動方複線化
1962(S37)  9/15 安楽寺信号場の倶利伽羅方複線化により信号場廃止
1964(S39)  8/24 金沢〜富山操車場 交流電化完了