北陸本線旧線(有間川〜直江津)
 北陸本線は多くの難所を通っていたため、複線電化を期に路線改良が進められ、多くの区間が山側に新設されていった。この有間川〜直江津の区間も海側を通っていたため、この期に山側に長浜トンネル、湯殿トンネルを堀り、昭和42年に新線に切り替えられた。
 有間川〜谷浜間にある旧長浜トンネル前後は「久比岐自転車道」の一部として利用され、旧トンネルはそのまま利用されている。
 谷浜〜直江津駅手前の廃線跡は、その土地を利用して国道8号線に生まれ変わった。旧トンネルも拡張されて国道の郷津トンネルとして使われている。

変更時期
有間川〜谷浜 1968(S43).9.25
谷浜〜直江津 1969(S44).9.29

桑取川橋梁跡の脇を行く「はくたか」。この姿ももう見られない。
(2015.3)