北陸本線は多くの難所を通っていたため、複線電化を期に路線改良が進められ、多くの区間が山側に新設されていった。
 この市振〜親不知の区間は断崖の中腹を通っていたため、土砂崩れや落石が多かった。それで山側に長大トンネルが掘られ、昭和40年9月に市振〜風波信号場、昭和41年3月に風波信号場〜親不知の新線が開通し、今までの線路は廃線となった。
 市振の西側にある境川橋梁も複線化を機に架け替えられたようで、前後に旧路盤が残っている。

複線化変更時期
 風波信号場開業     1957(S32)11.15
 市振〜風波信号場   1965(S40) 9.30
 風波信号場〜親不知  1966(S41) 3.24
 風波信号場廃止     同上
 越中宮崎〜市振     1967(S42) 9.29