妙高高原〜白田切川付近
 白田切川の河川改修に合わせて行われた線増工事により生じた廃線。実はその前の1978(S53)年5月18日に白田切川付近の築堤が決壊する災害が起きたので、河川改修はそれがきっかけで行われたものと思われる。しばらく旧線の鉄橋脇には仮設のトラス橋が架けられていた。その橋台跡には、竣工が昭和53年8月とあった。現在線の開通は1982(S57)年9月20日である。新線は複線用の敷地がとってあるが、複線化は実現していない。
 この仮設トラスは元々岩手県の大船渡線北上川橋梁として製作されたもので、新線完成によりその使命を終えた後、磐越西線日出谷〜鹿瀬間の深戸橋梁として現在も使われているということである。

旧坂口新田トンネル
 トンネルの東に路線変更を行っていたところ、トンネルに変状が起きたため廃止された(1944)。

関山駅
 関山駅は以前はスイッチバック駅であったが、現在は長野寄りの緩い(といっても25パーミル)勾配の途中に新しい関山駅ができ、それまでの駅は廃駅となった(1985.10.28)。旧駅跡には、ホームはほぼそのままで、駅名表示板が4つ残っている。そのうち1つは倒れている。線路は2本が留置線?として残っているが、架線はそのうち1本にしか張られていない。


現在の関山駅。線路はここより低いところにあり、跨線橋でホームに降りる形になっている。
(2011.11)