・信越本線のこの区間は、1967(S42)〜1972(S47)にかけて複線化工事が行われ、それに伴い、トンネル部分など、所々廃線になってしまった。
・ D〜Oのような大きな移設箇所の他に、数m程度の移設箇所がいくつかあり、路盤や橋などの遺構が散見される。
・1971(S46)年の柏崎市街図を見ると、上記地図のD〜Mの新旧路線が両方記入されている。しばらくの間旧線も使用され、その後完全に新線に移行したものと想像される。

複線化時期
安田〜北条      1972(S47). 9.19
北条〜越後廣田   1972(S47). 5.26
越後廣田〜長鳥   1968(S43). 9.24
長鳥〜塚山      1967(S42). 8.29