I


旧線は轍と新線の間を走っていたようだ。築堤が広いのは、単線時代からトンネル保守用の道路として使用していたからか?
(2007.2/2012.4)

県道との交差部分。旧線の盛土の形がよくわかる。コンクリートに北側には1967-8、南側には1969-9と掘られていた。
(2007.2)

県道との交差部分の長鳥側には、細い水路を跨ぐ橋が残っている。
(2007.2)

新旧線は長鳥駅近くの架道橋付近で合流しているようだ。
(2011.4/2012.4)