D越後広田駅付近の旧線 分岐地点

今の線路とホームは途中から北にカーブしているが、変更前は直進していた。今のホームの東側はカーブの辺りから延長されたもののようで、延長部分は旧線上に造られた。正面の白い小屋の右端に向かって直進していた。
(2007.2)

越後広田駅ホームの端から長鳥側を撮影。コンクリートの土台から白いプレハブ小屋にかけて旧線が延びていた。コンクリートの土台は保線小屋で、位置関係からすると変更後建てられたようだ。小屋の先のアスファルト道路は旧線跡を利用したもの。小屋に向かってフェンスが造られた。
(1999.5/2007.2)

現在の道路との合流点。白い小屋の先には鉄橋跡が残る。レンガの橋台のうえにコンクリートの桁をかけ、道路橋となった。
(1999.4)

レールのような金属が2本露出している踏切跡。その先も道路となって続く。道路は一旦下ってから上っているが、線路側から来る道路と接続するために削ったものと思われる。
(1999.5/1999.4)