A

道路に最接近した地点に2本の短い橋梁跡がある。一方は煉瓦造りでもう一方はコンクリート製で比較的新しい。複線化に際し現在のルートになったと思われるが、それ以前のいきさつは不明。


北条側の分岐点付近。旧路盤がよくわかる。
(2003.4/2002.6/2007.2)

道路側と現在線側から旧橋梁を見る。道路側から見ると、レンガ積みの橋台が残っているのがわかる。
(2003.4/2007.2)

橋梁跡から越後廣田側を見る。旧々線の前後の路盤は消滅している。
(2003.4/2011.4)