@北条駅手前の旧線

新旧線の分岐付近。境界標識が現在線と少し離れているのがわかる。
(2011.4)

その先の現在線脇にはススキの生えた旧線の路盤がはっきり残る。
(2011.4)

北条駅の南400m付近にある踏切の前後には、草藪となった路盤が残る。
(2007.6)

踏切のそばにレンガの橋の上部が露出している。下を覗くと、道路下の金属アーチと新線コンクリート橋に挟まれてレンガのアーチが見えた。道路新しい造りなので、以前はなかったのであろう。
(2007.6)

橋の北条側の旧路盤は徐々に新線に近づいていく。
(2011.4/2007.6)