1910(M43)年の軽便鉄道法の施行後、新潟県各地に鉄道敷設の話がもちあがった。頸城地方でも例にもれず、1911(M44)年に地元の大地主らによって路線計画が提唱された。その計画路線は直江津町古城〜黒井〜明治村〜東頸城郡下保倉村大字顕聖寺といったもので、1912(T1)年に免許状が下付された。
 1913(T2)から黒井〜顕聖寺間で建設のための測量が始まった。しかし一部で敷設反対運動が起きたため、黒井〜百間町間と明治村の一部で路線変更を余儀なくされた。黒井〜百間町の直線区間は、本来はその南側を走る保倉川沿いの集落を通る予定だったものである。いろいろあったものの、1914(T3)年1月には工事が開始された。そしてその年の9月に新黒井〜下保倉間が完成し、10月1日の開業を迎えたのである。残りの下保倉〜浦川原の区間は1915(T4)年の12月に工事が始まり、翌年の5月に開業の運びとなり、これでようやく全線開通となったのである。
 ところで、頸城鉄道の建設工事中、古城〜黒井の工事施工と、浦川原〜虫川の工事延長免許の願いが出されていたが、開業年の冬の営業不振を乗り切るため、後に取り消されている。

1914(T 3).10. 1 新黒井〜下保倉 開業
1916(T 5). 5. 5 下保倉〜浦川原 開業
1968(S43). 9.30 新黒井〜百間町、飯室 〜浦川原 廃止
1971(S46). 4.30 百間町〜飯室  廃止

コッペル2号機関車の公開の様子。近くの「大池まつり」の開催に合わせて一般公開された。
(2002.9.23)