1978(S53)年6月25日、夜半から降り出した集中豪雨(6.26水害)により西川が決壊し、越後線内野新川橋梁右岸取付部部分が損壊してしまった。これにより 橋梁が使用不能となったため、しばらく越後曽根〜内野間を代行バスで結んでいた。その後内野中学校前に仮乗降場を設置して、7月10日からは内野〜仮乗降場を徒歩で結ぶ方法がとられたという。同年8月に当時の橋梁は復旧し、しばらく使用されていたが、2年後の1980年に現在の橋梁が架けられたことによって新線に切り替えられた。

 ところで1975(S50)年の航空写真を見てみると、既に1度橋梁が架け替えられた痕跡が見える。北側の現在のルートが廃線跡のようになっているのだ。それ以前の航空写真を見てみても、1948(S23)〜73(S48)年のすべてで旧線ルートを通っているものの、その北側に線路に沿って細長い敷地が見える。この橋梁は大雨が降るたびに不通になっていた記憶があるので、以前にも橋梁が架け替えられているのかもしれない。


橋梁のトラスに付いている銘板。
 日本国有鉄道
 1980 KS−16
 WTT678−2
 (株)駒井鉄工所大阪工場
とある。
(2009.12)