子供の頃、分水駅から農協の倉庫へ斜めに延びている引き込み線があった。まだ貨物列車のみ蒸気機関車が牽引していた頃である。それがいつの間にかなくなってしまった。記憶が曖昧であるが、引き込み線は2本に分かれていたように思う。
 専用線一覧表によると、昭和28年版には「国上村信用販売購買利用組合(後に国上村農協)」の専用線として既に存在している。戦後まもなくの航空写真でも確認できる。昭和42年版にはまだ記載されていたが、昭和58年版ではなくなっていた。分水駅の貨物扱い廃止が昭和51年ということなので、その時廃止されたのだろうか。

参考文献:「トワイライトゾーンマニュアル」各号 ネコパブリッシング


分岐点付近はバラストが残る空地となっており、線路があったことをうかがわせる。
(2009.3/2009.10)


現在のJAの建物はかつての農業倉庫とほぼ同位置に建てられ、引き込み線跡は舗装されて残っている。
(2009.10)


終端部付近。引き込み線は2本に分かれていたと思うが定かではない。
(2009.10)