国鉄赤谷線

1925(T14).11.20 新発田〜赤谷 開通
1941(S16). 6. 1 赤谷〜東赤谷 開通
1984(S59). 3.31 新発田〜東赤谷 廃止


 もともと鉱石運搬のための鉄道として1922(T11)年に開通し、その後、鉱山開発中止に伴い鉄道省に譲渡され、1925(T14)年に旅客鉄道となった鉄道が赤谷線である。
 やがて、1940(S15)年に、再度赤谷鉱山の開発が始まり、1941(S16)年には、東赤谷まで延長された。

 1987(S62)〜1990(H2)年にかけての3年間、新発田駅近くの赤谷線の裏に住んでいたことがある。所々何度か歩いたりしていたのだが、残念ながら写真は全く撮っていない。

 現在の廃線跡は、新発田駅を出た所から赤谷の用水路手前まで、立派な遊歩道となっている。

デンカセメント専用線

駅の北東にデンカセメント(現在電気化学工業新発田サービスステーションとなっている)があり、かつてそこに専用線が延びていた。2002年3月頃廃止。